ノンシリコンシャンプー 安全?

MENU

ノンシリコンシャンプーは安全?実際のところは?

シャンプーを選ぶなら効果・効能はもちろん、髪や頭皮に優しい商品を選びたいものです。ここ数年話題のノンシリコンシャンプーは、合成樹脂のシリコンを使用していないし、安全性の高いヘアケアアイテムという印象を受けます。でも、使用している成分によっては、ノンシリコンシャンプーでも髪にダメージを与える場合があるのです。そのシャンプーは本当に安全?一度、見直してみませんか。

 

もともとシリコンは、髪をコーティングするために配合されていました。シリコンを使用しないということは、洗髪時に髪がコーティングされないということです。コーティングされない髪は、非常に無防備な状態にあります。従来のシャンプーであれば、シリコンが熱や摩擦から髪を守ってくれました。また、表面のキューティクルがボロボロになっていても、シリコンが補修し、それ以上はがれるのを防止してくれたのです。髪にダメージを抱えている方にとっては、コーティング作用のないシャンプーは、新たなダメージにつながると言えます。

 

また、洗浄剤にも注意が必要です。特に、高級アルコール系の洗浄剤は、避けるべきでしょう。高級アルコール系に属するのが、ラウリル硫酸Naやラウレス硫酸Naといい、洗浄力が過剰なまでに高いことが特徴です。頭皮にとって、一定量の皮脂は欠かせません。皮脂が頭皮の保護膜となることで、水分を逃さず、外部刺激をブロックしてくれます。しかし、高級アルコール系の洗浄剤は、頭皮に必要な皮脂まで奪い去ってしまいます。成分表示一覧で、ラウリル硫酸Naやラウレス硫酸Naが最初の方に記載されているものは、多量に配合されている可能性があり、特に危険です。また、最近では類似した性質のオレフィンスルホン酸が使用されていることも多く、こちらも購入を避けるべきでしょう。必要分の皮脂が洗い流されることで、頭皮が乾燥しかねません。頭皮の乾燥は、抜け毛や薄毛、フケ、かゆみなどの多くのトラブルを引き起こします。

 

さっぱりとした洗い上がりや、パーマ・カラーリングが効きやすいなど、ノンシリコンシャンプーにもたくさんのメリットはあります。成分に気をつけて、自分に合う商品を選びましょう。