MENU

ノンシリコンシャンプーの注意点は?髪に良いって本当?

髪のために良いと言われるノンシリコンシャンプー。現在はドラッグストアなどでも、多彩なラインアップを目にするようになりました。現在は意識的にノンシリコンシャンプーを選ぶ方も、多い傾向にあります。では、ノンシリコンシャンプーは、安全なのでしょうか。使用にあたっての注意点はあるのでしょうか。

 

そもそも、従来のシャンプーにシリコンが使用されていたのは、髪のコーティングのためでした。シャンプーで髪を洗った後のなめらかな指どおりは、シリコンによるものです。では、なぜ髪をコーティングする必要があるのでしょうか。髪はドライヤーの熱や摩擦によって、痛んでしまいます。シリコンは熱や摩擦から髪を保護してくれるのです。また、ダメージを受けてボロボロの髪も、シリコンのコーティングがあれば、はがれかけた表面のキューティクルが補修されます。ダメージヘアのケアとしても、シリコンは有効なのです。

 

ノンシリコンシャンプーは、シリコンのコーティング作用を期待できません。よく洗い上がりがキシキシするという声が聞こえてきますが、これも髪がコーティングされていないのが原因です。また、シリコンシャンプー使用時より、熱や摩擦によるダメージも大きくなります。

 

では、ノンシリコンシャンプーには、コーティング剤が使われていないのでしょうか。商品によってはシリコンの代わりに、油分をコーティング剤として使用しているものもあります。しかし、油分は髪をコーティングするものの、ダメージを補修する作用はありません。

 

さらに、ラウリル硫酸Naやラウレス硫酸Naを使用している製品には、注意が必要です。これらは石油系合成界面活性剤のひとつで、非常に高い洗浄力を持ちます。そのため、髪や頭皮に必要な油分まで奪い取られてしまうのです。シリコンのコーティング作用がないため、髪は外部刺激にとても弱くなります。ノンシリコンシャンプーを選ぶなら、髪を優しく洗い上げるアミノ酸系シャンプーがオススメです。

 

シリコンが完全に有害とは言えません。自分の髪や頭皮の状態に合わせて、シャンプーも選んでいきましょう。