ノンシリコンシャンプー メリット デメリット

MENU

ノンシリコンシャンプーのメリットとデメリットは?

近年、ノンシリコンシャンプーが注目されています。シリコン入りシャンプーだと、毛穴にシリコンが詰まる、頭皮がシリコンで覆われて皮膚呼吸ができない、などという声も聞かれるため、髪と頭皮のためにノンシリコンシャンプーに切り替えた方も多いです。

 

そもそも、ノンシリコンシャンプーのメリットとは、どのような点にあるのでしょうか。シリコンはもともと、髪のコーティングのために用いられてきました。シリコンを使用しないことで髪にまとわりつくものがなくなり、その分、軽さが出ます。また、さっぱりとした洗い上がりが多いことも特徴で、爽やかな使用感を好む方には最適と言えます。

 

また、カラーリングやパーマをしている方にも、ノンシリコンシャンプーはオススメです。シリコンのコーティングがないため、カラーリング剤やパーマ液がシリコンに阻害されることなく髪に届きます。パーマが取れやすい、カラーがうまく入らない、といったトラブルも解消に導きます。

 

逆にデメリットも存在します。シリコンによるコーティング作用がないと、傷んだ髪は無防備になります。キューティクルがボロボロになっている場合でも、シリコンの補修効果が望めないのです。枝毛や切れ毛が多い人は、使用することで逆にダメージが進行する可能性もあります。

 

髪がコーティングされないため、熱にも弱くなります。ヘアアイロンやホットカーラーを毎日使うような人は、要注意です。髪が傷む原因となります。

 

洗い上がりも、商品によってはキシキシとしている場合もあります。シリコンによるコーティングがなくなるため、なめらかさが出にくいのです。もっとも、現在は研究開発も進み、きしまないことを売りにした商品も出ています。洗い上がりを気にする人は、これらの商品を選ぶと良いでしょう。

 

ノンシリコンシャンプーと言っても、メリットばかりとは限りません。自分のなりたい髪や現在の髪の状態を見極めながら、商品を選択しましょう。