ノンシリコンシャンプー 洗浄力

MENU

ノンシリコンシャンプーの洗浄力が弱いって本当?

ノンシリコンシャンプーは、洗浄力が弱いと言われています。汚れを落とすためのシャンプーなのに、洗浄力が弱いのは困りますよね。実際のところ、ノンシリコンシャンプーの洗浄力は、どのような感じなのでしょうか。

 

従来のシャンプーは、シリコンによるコーティング作用がありました。シリコンが髪をコーティングすることで、摩擦やドライヤーの熱から守っていてくれたのです。そのため、洗浄力が強いシャンプーでも、特に問題はありませんでした。しかし、ノンシリコンのものは髪がコーティングされないため、洗い上がりは非常に無防備な状態です。洗浄力が高ければ、頭皮や髪のバリアとなる皮脂までも除去されてしまい、トラブルにつながります。そのため、ノンシリコンシャンプーは、あまり洗浄力が高くないほうが良いと言えるのです。

 

頭皮のバリアとなる皮脂は守りたいけれど、汚れがきちんと落ちないと、シャンプーをする意味がありません。洗浄力を求めるなら、アミノ酸系のノンシリコンシャンプーがオススメです。アミノ酸系洗浄成分を使用しているシャンプーであれば、必要な皮脂は落とさずに、汚れだけを落としてくれます。頭皮も優しくいたわってくれるため、頭皮の乾燥による髪のトラブルも、生じにくくなります。

 

では、アミノ酸系シャンプーは、どのように見つけると良いのでしょうか。実は、たった少量のアミノ酸系成分を配合しているだけでも、アミノ酸系シャンプーを名乗っている商品も存在しています。きちんとアミノ酸系成分を使った商品を見分けるには、パッケージ裏の成分表示を確認してください。最初の方にアミノ酸系成分が記載されている商品を選ぶようにしましょう。

 

アミノ酸系成分には、成分名の頭に「ココイル」「コカミド」がついているもの、グリシン、タウニン、アラニン、ヤシ油脂脂肪酸、ラウリン酸などがあります。

 

最近は洗浄力の高さをうたうノンシリコンシャンプーも登場していますが、頭皮や髪にとって刺激のない成分を使っているかは、確認するようにしましょう。